旅ノート

海外旅行で見つけたものの雑記です

2017年最新版|厳しい7kgの手荷物検査!ジェットスターの荷物重量制限・料金まとめ

LCCの中でも人気の高いジェットスター航空のチケットを、セール価格でゲットして旅行が楽しみな方も多いと思います。

でもジェットスターの持ち込み手荷物の重量制限はかなり厳しく、手荷物の重量にかなり気をつけないといけません。

また、ネットの口コミでも、空港で重量やサイズをしっかりチェックされるなど、ジェットスターの手荷物検査はかなり厳しいと評判になっています。

そこで、私もジェットスターの国際線と国内線にそれぞれ実際に乗ってみて、手荷物検査を体験してきました

空港での重さチェックの様子や、ジェットスターの手荷物規定・料金について、徹底的にご紹介します!

(ちょっとだけ)重量オーバーした時の裏ワザもありますよ。

ジェットスターに無料で預けられる手荷物のサイズ・重さは?

まず、ジェットスターの国内線/国際線の機内に無料で持ち込める荷物(無料手荷物)の規定をしっかり理解しておきましょう。

国内線の持ち込み荷物は「手回り品も含め7kg」

ジェットスターの国内線では、無料の機内持ち込み手荷物の重量は手回り品も含め7kg以内となっています。

新千歳国際空港のジェットスター国内線チェックインカウンター

この「手回り品も含め」というのがLCC各社の中でもダントツに厳しいですね。

国際線も同じ「手回り品も含め7kg」

ジェットスターでは、国際線も国内線と同じ手荷物規定になります。

中部国際空港(セントレア)のジェットスター国際線チェックインカウンター

国際線も、持ち込み手荷物+身の周り品で合計7kgまでです。

私の場合、荷物にどうしてもPCやタブレットなどの重い物が多いので、この重量制限内に収めるのはどうしても不可能なんですよね。

これにモバイルバッテリーなどを足すと軽く4kgは超えます…

それで、私もジェットスター利用時だけは必ず追加の預け荷物(受託手荷物)を購入するようにしています。

「手回り品」はハンドバックまで

そして、さらに気をつけたいのが持ち込み手荷物に含まれる「手回り品」の大きさです。

ジェットスターの場合、手回り品の定義がかなり厳しく規定されています。

お手回り品の例は、以下のとおりです。 ・ハンドバッグ ・文庫本 ・財布 ・ノート型パソコン ・コート ・傘 ・免税品(国際線をご利用の場合) 出典:機内持込手荷物 | ジェットスター

これを見ると、リュックとキャリーケース(やビジネスバッグ等)という組み合わせはNGなんですよね…

私がいつも手回り品用のバッグとして使っているのは、ヤックパックのミニショルダーですが、これぐらいだとジェットスターでも「手回り品」と見てくれますよ。

機内持ち込み手荷物の最大サイズは56x36x23cm

次に気になるのが手荷物のサイズ(大きさ)ですね。

ジェットスターの機内に持ち込み可能なキャリーケースなどの大きさは、高さが56cmまで、横幅が36cmまで、マチ(奥行き)が23cmまでとなっています。(スーツカバーなどは別途規定あり)

これはキャスターやハンドルを含めた総外寸なので、キャリーケースをジェットスターで機内持ち込みする場合は、この範囲に収まるか、事前にしっかり確認しましょう。

ジェットスター機内持ち込み可能なキャリーケース

実は、ジェットスターの無料持ち込み制限に収まるキャリーケースというのはなかなかないんです。

楽天などで「機内持ち込み可能サイズ」と書いてあるキャリーケースも、ジェットスターの規定をオーバーしていることがほとんどです。

奥行き(厚さ)が1cmオーバー

また、ハードタイプのキャリーケースは、重量が3kgぐらいあることが多いので、中に荷物を入れるとすぐに重量オーバーになってしまいます。

サイズ的には持ち込み可能だが重量が3kgとかなり重い

それぐらい、ジェットスターのサイズ制限は他のLCCに比べても厳しいということなんです。

ということで、ジェットスターの機内持込サイズに入る大きさのキャリーバッグをなんとか探し出してみました。

1cmぐらいのサイズオーバーは見逃されることもありますが、大切な旅行の出発時に無用なトラブルは避けた方がいいですよ。

超軽量キャリーケース

例えば、このキャリーケースの総外寸は高さ55cm 横幅35cm マチ22cmなので、ジェットスターの制限(高さ56cm、横幅36cm、マチ23cm)内で使用可能です。

値段も10,600円(2017年5月現在)とお手頃ですし、重量1.9kgとかなり軽量化されています。

ジェットスターでも使用可能なキャリーケースをお探しの方にはオススメです。

リュックサックは機内持ち込みできる?

私はあまりリュックで旅行をしないのですが、ジェットスターで持込利用可能なリュックサックについても調べてみました。

サイズで言えば45Lサイズぐらいまでのリュックなら規定のサイズ(高さ56cm、横幅36cm、マチ23cm)に収まることが多いようです。

例えば、amazonで見つけた上のリュックは高さ46㎝×横幅29×奥行き17.5cmですから、ジェットスターの荷物検査にも通りそうです。

3,899円(2017年5月現在)という値段の割に作りもしっかりしていると評価も高く、色も黒、緑、紫、赤から選べるので、私ならこれを選ぶかな、と言うところです。

リュックサックの形状は様々で、例えばバックパックなどはかなり縦長の形なので、高さの制限をオーバーすることがあります。 それで、ジェットスターに持ち込む際には、容量だけでなく外寸の確認もお忘れなく。

"超"軽量ボストンバッグ

ジェットスターの無料手荷物をめいいっぱい使って荷物を持ち込みたい!という場合は、超軽量ボストンバッグを使うという方法があります。

例えば、私が以前LCCの香港エクスプレスを利用した時に使ったのが、この超軽量ボストンバッグ(価格4,104円、2017年1月現在)です。

このボストンバッグ、重量なんと320gと本当に超軽量なんですが、作りが結構しっかりしていて、重い物を入れてもほつれたりすることはありませんでした。

厳密には高さが1cm超過(高さ37cm、横幅48cm、マチ20cm)していますが、これは最大外寸なので、通常の使い方なら大丈夫です。

7kgの制限いっぱいに荷物を持つことができるので、1回の旅行で確実に値段の元が取れますね。

さて、ジェットスターの空港チェックインカウンターで、私たちの前に並んでいた人たちの手荷物検査の様子を見ていると…

ジェットスターの手荷物検査は国際線も国内線もかなり厳しいです

まずは国際線(セントレア-台北桃園)を利用した時の様子から紹介したいと思います。

やはり事前の情報通り、手回り品も含めてしっかり重量検査が行われています。

小さなポシェットまで見逃されず重さをチェックされていたのには驚きました。

ネット上の古い情報では、チェックはあまり厳しくないというようなものもありますが、最近はかなりチェックが厳格化されている様子です。

重量オーバーを指摘されて、超過料金を支払うかどうかかなり悩んでいる様子の人も見受けられました。

ちなみにこの時点、つまり空港カウンターで追加手荷物を購入すると、2,600円の追加料金を払うことになるので、気をつけてくださいね。

おとなしく預け荷物を購入しておいて正解、と胸をなでおろしました。

いくらジェットスターの手荷物検査が厳しいと言っても、さすがにポケットの中まではチェックしません。それで、7kgをほんのちょっとだけ超えた、という場合はデジカメ、スマホ、モバイルバッテリーなどの小さくて重いものをポケットに入れてしまえばOKです(^^)b

搭乗前の再検査もあるのでお土産に注意!

チェックイン時の検査さえ通過してしまえば、免税店でお土産などの買い物などしても大丈夫なのかな、と思ったのですが、残念ながらそうは行かないようです…

ジェットスター国内線 札幌新千歳-中部セントレア 搭乗口

こちらはジェットスター国内線(セントレア-札幌新千歳)を利用した時に気がついたのですが、搭乗口でスタッフの目視による再チェックが行われていました。

例えばお土産を買って個数が増えていたり、2つめの荷物が大きくなっていたりしていた人はいずれも、スタッフさんは見逃しませんでした(^_^;

搭乗ゲートでの追加手荷物購入はなんと3,000円にもなります。元の航空券の値段が安い分、なんとしても追加購入は避けたいところです。

旅行って、行きよりも帰りの方がお土産などで荷物は多くなるものですから、最初から追加料金を払ってお土産の分を確保しておくのが賢いですね。

手荷物検査レーンの混雑で時間がかかることも

これは新千歳空港でのことですが、新千歳空港の国内線は航空会社ごとに手荷物検査場が分かれていて、ジェットスターは一番遠い場所にありました。

ちょっと空港内をうろうろしていて、手荷物検査場の遠さに焦ったのですが、それから手荷物検査の列に並んでおかしいと思ったのが、列が全然進まないんですね。

なぜだろうと思ったら、ここでも手荷物の大きさや重量が再検査されていました。

新千歳空港 ジェットスター国内線 手荷物検査場入口

手荷物検査場に入るとやはり、お土産を買いすぎて容量オーバーになって困り果てている人々が列をふさいでいました…

そんなに目の敵のように手荷物をチェックしなくても、と思うのですが、北海道はついついお土産を買いすぎてしまう人が多いのでしょうね、私も気持ちは分かります(^^;

どちらにしても、ジェットスターを利用する時は、時間に余裕を持った行動を心がけたいですね。

手荷物の重量はグループで合算できる?

さて、気になるのが、ジェットスターの手荷物(機内持ち込み、預け荷物)はグループの重量を合算して良いかという点です。

例えば2人グループの場合、きちんとそれぞれの荷物を7kg以内に収めないといけないのか、それとも2人で14kgでいいのか、ということです。

ジェットスターのスタッフさんによれば、厳密には持ち込み手荷物の合算はNGだとのことです。

1つの荷物があまりに重くなっている場合はその場でパッキングのやり直しをさせられることもあるそうなのでご注意ください。

8.0kg未満ではなく、7.0kg以下

手荷物制限重量の超過分、特に1kg未満の超過の扱いはLCCによってかなり異なります。

それで、ジェットスターでは厳格に7.0kgまでなのか、それとも7kg台(=7.9kgまで)ならOKなのかが気になりました。

ジェットスター中部国際空港セントレア国内線チェックインカウンター

チェックイン時の手荷物チェックの様子を観察していると、7.0kgを超えると重量超過と言われていました。

荷物を作った時に7.0kgギリギリで、後から小物を思い出してバッグに追加で入れてしまって、なんてことは十分あり得ますよね。

パッキング時には最終的な重量に十分気をつけておきたいものです。

吊り下げ式の旅行用重量計を持っていると、帰りのお土産の重量チェックにも便利ですよ。

受託手荷物(預け荷物)は個数制限なし

さらに、予約時に購入した15kgの受託手荷物(預け荷物)には個数の制限があるのかについても、地上スタッフの方に確認してみました。

地上スタッフの方によれば、受託手荷物(預け荷物)については個数の制限はないそうです。

楽器は持ち込みできる?

上述の持ち込み手荷物の重量・サイズ制限に収まる範囲の楽器は無料で持ち込むことができます。

ただ、その場合は、ほぼ楽器だけでサイズ・重量が制限に近くなると思うので、別途自分の荷物用に受託手荷物(預け荷物)の追加購入が必要になりますね。

無料持込手荷物制限に収まらない楽器は、15kg以内のものまで機内持ち込み荷物として預けることが可能です。

ただし、その場合は楽器用に座席を追加購入すること、また飛行機1機あたりの積載可能数が限定されているので、事前の問い合わせが必須となります。

2017年3月から「サイズの大きな荷物」料金が追加に!

ジェットスターの告知によると、2017年3月15日以降に予約し、2017年3月22日以降に出発すご予約から、「サイズの大きな荷物」追加料金が発生するとのことです。

この新しい規定では、「ホイール、ハンドル、ケースを含めて1辺の長さが1mを超えるものはサイズの大きな手荷物に該当」し、追加料金2,000円が必要になります。(車椅子やその他の移動補助具、医療機器、ベビーカーなどは無料)

また、この追加料金には重量の枠は含まれていません。

預け入れ荷物を購入する場合は、「サイズの大きな荷物」の重量も忘れずに含めて購入するように、注意が必要です。

ジェットスターの国際線に乗ってみました 【週末台湾】ジェットスター名古屋~台北GK91便搭乗記 機内食のホットミールは事前予約のみ

ジェットスターの受託手荷物料金は予約時に同時購入がオトク

ジェットスターの機内預け荷物料金は、購入のタイミングによって値段が異なります。

ジェットスター国内線の受託手荷物(預け荷物)料金表(15kgの場合)

最低購入単位である15kgを購入した場合の料金は以下のようになっています(2017年1月調査)。

ジェットスター受託手荷物料金表(国内線)
国内線料金
予約時関空・新千歳1,500円~1,650円
成田・那覇1,600円~1,750円
予約後
追加
関空・新千歳2,100円~2,310円
成田・那覇2,240円~2,450円
当日、空港にて全路線2600円
ゲートにて追加全路線3000円

ジェットスター国際線の受託手荷物(預け荷物)料金表(15kgの場合)

ジェットスター受託手荷物料金表(国際線)
国際線料金
予約時アジア路線2300円
オーストラリア路線2500円
当日、空港にてアジア路線4000円
オーストラリア路線16000円

もし当日、空港で機内持ち込み手荷物のサイズオーバーが判明すると、現金かクレジットカードで受託手荷物(預け荷物)を購入することになります。

行きの荷物が制限内ぴったりでも、帰りがお土産で重くなったりすることもありますから、できるだけ予約時に保険として15kgの預け入れ荷物を一つ購入するか、「ちゃっかりプラス」などのオプションを購入するのが賢いですね。

受託手荷物(預け荷物)は取消不可

ジェットスターでは、受託手荷物(預け荷物)をキャンセルすることはできませんが、フライト変更の場合は受託手荷物は変更後のフライトに引き継がれます。

ちゃっかりPlusなら国内線10kg国際線20kgの受託手荷物(預け荷物)つき

また、オプション運賃を購入すると、預け荷物がセットでついてくるのでそれを利用することもできます。

運賃タイプ受託手荷物
ちゃっかりPlus国内線10kg
国際線20kg
しっかりMax30kg

[2016年6月]ちゃっかりPlus しっかりMaxはお得?ジェットスターの料金まとめ

まとめ:ジェットスターの手荷物規定を賢く攻略!

こうして見ると、ジェットスターの手荷物制限と空港での検査がかなり厳しいことがわかります。

でも。ちゃっかりPlusオプションを購入して、さらにキャリーケースなどを軽量化すれば十分対応できますね。

しっかり対策して、ジェットスターの旅を楽しんでくださいね。

ジェットスターで行く台湾弾丸食い倒れツアーの記録 【週末台湾】名古屋初!LCCジェットスターで台北・台中弾丸旅行に行ってきた

ジェットスターで海外(台湾・オーストラリア・上海)へ行く方にオトクな情報:

「海外旅行でも自分のスマホがそのまま使えたら便利なのに…」

「上海に行くとLINEやインスタが使えないって聞いたんだけど…」

そうですよね、でもレンタルWiFiがあれば、海外旅行中もインスタもLINEもSNOWも自由に使えて、しかも節約までできちゃうんです。

2017年 台湾のレンタルWiFiは旅行に"超"便利!ネットがサクサク快適な高速4Gプランを徹底比較してみました

2017年 オーストラリアのレンタルWiFi おすすめは?3G/4G料金とメリット・デメリットを比較しよう!

2017年 中国のレンタルWiFiはネット規制を回避できる「壁越え」プランがおすすめ!